ハイゼット カーゴ デラックス
ハイゼット トラック エクストラ
アトレーRS


ダイハツの軽商用車「ハイゼット カーゴ」、「アトレー」およびそれらをベースとした特装車、福祉車両を17年ぶりにフルモデルチェンジ、「ハイゼット トラック」「ハイゼット トラック」をベースとした特装車をマイナーチェンジし、12月20日(月)から発売いたします。
「ハイゼット」シリーズは、1960年にダイハツ初の軽四輪車として誕生以来、常にお客さまのニーズを追求し、時代変化に合わせ進化し続けてきたロングセラーカーです。 農業等の一次産業から建設業、配送業等、幅広い業種のお客様の“働く相棒”として、地方部から都市部まで全国津々浦々でご愛用いただき、累計生産台数は750万台※2以上になります。


近年、働き手の多様化や少子高齢化による労働力不足、新たな使用用途への対応等の軽商用車を取り巻く環境変化に対応すべく、今回のフルモデルチェンジで商用車に初めて「DNGA(Daihatsu New Global Architecture )」を展開しました。「ハイゼット カーゴ」「アトレー」のプラットフォームを一新するとともに、「ハイゼット トラック」も含めFR用CVT※3を軽商用車として初めて※4採用し、 燃費や静粛性、発進性等の基本性能を向上させました。また、最新の予防安全機能「スマートアシスト※5」等を採用することで高まる安全・安心へのニーズにお応えしています。


11代目となる新型「ハイゼット カーゴ」は、ラストワンマイルを担う小口配送ニーズの増加や建設業の方々の多能工化などによる多くの荷物を効率的に積みたいというニーズに応え、車体形状のスクエ ア化等によりクラス最大※6の積載スペースを実現するとともに、荷室の側面や床面のフラット化等、荷物を傷つけることなく効率的に使用できる使い勝手の良さを追求しました。新型「アトレー」はレジャー等のニーズにお応えするため、商用車ならではの広く積載性に優れた荷室を最大限活用できるよう刷新しました。さらに、専用デザインや充実した快適装備を採用しながら、お求めやすい価格を実現しました。


また軽特装車シェアNo.1※7の特装シリーズは、豊富なバリエーションで多くのお客さまにご愛用いただいています。今回から「デッキバン」を「アトレー」にも新設定し、より幅広いニーズにお応え します。さらに、軽福祉車両シェアNо.1※8である「フレンドシップシリーズ」としてご好評の「ハイゼットスローパー」、「アトレースローパー」も進化し、車いす乗車スペースの拡大と使い勝手の 良さの向上を図りました。




※1:「ハイゼット カーゴ」は2004年12月以来、「アトレー」は2005年5月以来
※2:2021年11月末時点、ダイハツ調べ。累計生産台数はダイハツブランドのみ(OEM供給を除く)。
※3:フロントエンジン・リヤドライブ用CVT
※4:2021年12月現在、ダイハツ調べ。他社にも同時に初採用の車があります。
※5:スマートアシストは、ドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、路面や天候などの状況によっては作動しない場合があります。機能を過信せず安全運転を行ってください。詳しくは販売会社または公式ホームページをご確認ください。
※6:軽キャブオーバーバンとして荷室長/荷室幅(4 名乗車時)/荷室高でNo.1。2021年12月現在、ダイハツ調べ。他社にも同数値の車があります。
※7:全国軽自動車協会連合会資料「軽特装車カテゴリー別台数」(販売台数)2020年度(2020年4月~2021年3月)、ダイハツ調べ。
※8:軽福祉車両「車いす移動車・昇降シート車・回転シート車・運転補助装置付車」2020年度(2020年4月~2021年3月)国内軽福祉車販売台数第一位、ダイハツ調べ。