ロッキー Premium G HEV(フロント画像)
ロッキー Premium G HEV(リヤ画像)




 小さなクルマに適したハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID(※1)」を新開発し、コンパクトSUV「ロッキー」に搭載し11月1日(月)から発売いたします。


 ダイハツは「良品廉価」「最小単位を極める」「先進技術をみんなものに」という基本思想のもと、1mm、1g、1円、1秒にこだわり、お客さまの生活に寄り添ったクルマづくりに取り組んできました。


 脱炭素化はのニーズが高まる中、LCA(※2)での環境に優れた小さなクルマに最適な電動化を徹底的に追求してきました。1960年代から取り組んできた電動車の研究開発の財産や、トヨタグループの技術・ノウハウも活用しながら、ダイハツならではのハイブリッド「e-SMART HYBRID」を開発。新ロッキーから搭載し、今後、軽自動車へも拡大していきます。


 新開発の「e-SMART HYBRID」は、エンジンで発電し、その電力を使用してモーターで走行するシリーズ方式を採用しました。新開発1.2Lエンジンを発電専用として組み合わせたシンプルな機構により、小さなクルマに適したコンパクトなハイブリッドシステムとしました。100%モーター駆動によるレスポンスの良い加速性能と高い静粛性に加え、発電と充放電を最適に制御することで、コンパクトSUVクラストップレベル(※3)の低燃費(※4)と低価格(※5)を実現しました。


 加えて、新型1.2Lエンジンは、2WDのガソリン車にも搭載します。燃費性能とともに、低回転時のエンジントルクを高めることで、力強くスムーズに加速する日常使いに適したエンジンです。ご好評いただいております1.0Lターボエンジンも4WD車に継続採用し、ハイブリッドと合わせて3つのパワートレーンで幅広いお客さまのニーズに対応します。安全・安心性能の進化、電動パーキングブレーキやハイブリッド専用デザインの採用などにより、商品力も向上させました。




※1:e-SMART HYBRID(イースマートハイブリッド)
電気の"e"に"スマート(賢い、機敏な)"を組み合わせ『電気の力できびきび走る良品廉価なハイブリッド』を表現しました。
※2:LCA(Life Cycle Assessment)
※3:コンパクトSUVクラス:自販連区分ジープ型の四輪駆動車でワゴンとバンを含む(2WDを含む)排気量1.5L以下のハイブリッド車クラス。(2021年11月時点、ダイハツ調べ)。他社にも同数値の車があります。
※4:PremiumG HEV、X HEVの燃費消費率(国土交通省審査値)。WLTCモード燃費値28.0km/L(2030年度燃費基準100%達成車)。燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。
※5:2,116,000円。X HEV(ハイブリッド車・2WD)のメーカー希望小売価格。